チベットの現状

チベット問題について

何故、チベットという国がないの?

チベットは、もともと独立した1つの平和な国でした。
それは、約2000年以上も続いていました。
しかし、1949年(日本の第二次世界大戦の終戦は1945年)から10年間、中国軍が平和だったチベットを侵略しました。
1959年、3月10日、中国の占領に抗議するチベット人達が立ち上がりました!
チベットの最高指導者 ダライ・ラマ法王14世は、多くの民が血を流すのを心配し、隣の国 インドに亡命しました。
それ以来、私達の祖国 チベットを中国はチベット自治区・自治州・自治県と勝手に名付けてしまいました。

チベット人の苦しみ

共産主義の中国に侵略されたチベット人には宗教の自由、言論の自由、教育の自由がありません。
中国において、フリーチベット!と言葉を発しただけで牢屋に入れられつらい拷問を受けるのです。

チベット人は何故、亡命するのか?

界の屋根と言われるヒマラヤ山脈。
自分達の文化を学び、受け継ぐために命の危険を覚悟で、ダライ・ラマ14世の住むインドへ亡命してくるのです。
北インドのダラムサラという村にはチベット亡命政府や学校、お寺があります。

日本の皆さまへ

現在、私達の故郷 チベット(現 チベット自治区)では、たくさんのチベット人の命が奪われています。
チベットの仏教のお寺がどんどん壊されています。
チベットの土地からお金になる資源を掘り起こされ核などの廃棄物処理場にされています。
川や湖も汚染されたまま・・・
これは、今やチベットだけの問題ではなく地球への警告なのです!
どうか、チベット問題を知らない身近な人へこの話をしてください。

~S・O・S~

どうぞ、皆さまの力を貸してください
ご理解いただけた方は、是非チベット・ピース・マーチに参加してください。
SAVE Tibet!

在日チベット人コミュニティ

コメントは受け付けていません。